エキスパート
0

    おつかれさまです。

     

    世の中にはいろんなエキスパートがいます。

    私には縁のない恋愛のエキスパートだという人が書いた

    記事を読みました。

    その中に

    『絶対に手放してはいけない女性の特徴』

    というものをまとめたページがありました。

     

    ・愛情は心の底から

      たしかに全身全霊で愛を捧げてくれる人は絶対に大切にしなきゃですね。

     

    ・妥協をしてくれる女性

      相手も自分も妥協する覚悟でいないとだめってことですね。

     

    ・肝心なときは叱ってくれる

      ふむふむ わかる気がする

      叱ってもっとべいべえ〜♪ すてきにいんよぉさいっ♪

      ちがうかっ! 古っ!

     

    ・一緒にいて安心ができる

      相手の目をみつめて

      「君のおかげでいまの自分がいる」と思えるならば心の居場所が

       目の前にある証拠 なんだそうです。

      私はこれかなぁ うふふwww 

          そう思える人がいたらどんなに幸せでしょう。

     

    音楽もそうですよね。

    私はすぐに音楽に置き換えてしまいますが・・・www

    以下、ピアニストの清塚信也氏のお話からです。

     

    「小さいころからコンクールで1位にならなきゃ、ソリストにならなきゃと感じていて。

    とくにクラシックはマイノリティですから、もっとでっかいものを築き上げなければ

    というプレッシャーがずっとありました。でも、サウンドトラックをやってみると

    すごく居心地がよかった。楽器って一番になるものじゃないんだな、

    小さい頃から考えていたヒーローじゃなくてもいいんだなと思えるようになったんです。

    主役は別にいることをわきまえつつ、“居場所”をきちんと持っている音楽ってすごく

    いいなと思うんです」

     

    「どんな人にとっても、その人の人生はその人が主役なわけですよね。

    絶望するときもあれば、怖くてガタガタ震えるときもある。とはいっても、

    ほかの人にとってはそんなことは関係ないんですよね。

    音楽はそんなときにも誰でも受け入れるし、余計なことはいわずに

    その人に寄り添うことができる。」

     

    なかなか感動的なお話じゃないですか?

    ていうか うんうん ふむふむ となんとなく頷いてしまいませんか?

    彼のような人こそエキスパートです。

    そうそう 興味もたれたら清塚信也氏 Youtube 観てくださいね。

    なかなか彼のコンサートは楽しいですよ。

    チケットがなかなか取れないピアニストです。

    ついでに

    『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』という映画。

    もうDVD出てるかしたら?

    アマゾンプライムで観ることできるかしら?

    これもよかったらどうぞ。

    音楽のそばに人生があるということ。または、人生のそばに音楽があるということ。

    というシンプルなことを優しく描いた映画です。

    ちなみに私はまだ観てないないです。(観てないんかいっ!)

     

    ライブで演奏する曲にはそれぞれ歌詞があり意味があります。

    (え?耳にタコができるほど聞いたって?)

    聴きにきてくださる方々の今後の人生に寄り添う曲となれるよう

    一曲一曲 心を込めて演奏したいものです。

    12月21日は 演奏する皆さんがエキスパートになれるよう

    あと数回しかない練習時間を大事にしたいものですね。

     

     

               次のライブはヴォーカルに挑戦だ てへっ

     

     

     

     

    | SwingApes | - | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.swing-apes.jp/trackback/149